脳内旅人の自転車日誌

海外旅行から近所の徘徊までお出かけ大好き。

V-airで日帰り台湾【 その5】

台北での夜の過ごし方はやはり夜市

中でも最大級の士林夜市に行った
今回のルールである安く楽しむことにおいてはここだと思う

タクシーを降りて直ぐに感じたのが熱気
人は爆発的に多いし、独特の匂いが街に広がっている
この匂いは例のあれだ?

f:id:mikankomugi:20160529224459j:image

肩がぶつかるほどの人混みは土曜の夜だからかな?
グルメだけではなく、服や雑貨、観光客が喜ぶようなあらゆる物がある

日本で例えるなら、御徒町アメ横が一番近いかも
アメ横から魚屋とスポーツ店を無くして、夜に栄えてる感じか❔

ただただ台湾ならではのグルメ、特にB級グルメはフルラインアップ
f:id:mikankomugi:20160529225129j:image

独特の匂いは例のアレ、「臭豆腐
最強だな
臭いから、本当に
名前からして臭いと謳ってますから、間違いなく、売ってる本人達も臭いと認めてるわけで
f:id:mikankomugi:20160529225544j:image
1個60元
近寄るだけで食べないから、自分まだまだヒヨッコす?
「食べると美味しいから」という決まり文句は、買えた人に対して前提である

蛙や何かの幼虫もあるけどヒヨッコは自粛した?


先の小籠包もあり、空腹感が少し足りないのが残念
爽やか系を求めてしまう
f:id:mikankomugi:20160529230116j:image

カキ氷が食べたい
名物のマンゴーカキ氷は有名
沢山カキ氷屋さんがある中で安平街にある「辛發亭(シンファーティン)」に入る
f:id:mikankomugi:20160529230327j:image

メニューが豊富だけど日本語じゃないから、ネット情報で気になったやつを注文した
f:id:mikankomugi:20160529231035j:image
雪山蛻變 70
ピーナツ味のカキ氷でこれが大正解、かなり美味しかった
フワフワで最後まで水っぽくならない
大きいからシェアしたけどもう一品頼んでも食べられた


ブラブラと目的なく、欲しいものもなく、何となく売られている雑貨を見ていたら気付いた
どうもマーベルのキャラクターが多いこと

マーベル好きには嬉しいことだけど、多分、いや確実に
パチモン?
バッグタグやナノブロックもどき、3足いくらの靴下までキャプテン〇メリカやアイ〇ンマンだ

キ〇ィちゃんや〇カチュウはパチ定番だけと、これ程までアベンジャーズが人気だとは驚いた

その中でもゲームセンターにあったコレはすごい
f:id:mikankomugi:20160529232754j:image


この時点で23時半
夜市はまだまだ熱いが、疲労がレッドゾーン付近のため退散

さあ、日帰り、これからの時間帯を如何に楽しむかが成功の鍵を握る

とはいえこの疲れは本物なので、当初の予定通りにマッサージ店へタクシーを飛ばす事にした

飛ばすとは言うが、台北のタクシードライバーは本当に飛ばす????

以前ある台湾人ツアコンに聞いた喩えがある、
「台湾のタクシードライバーは一流だけ生きる、二流以下は死ぬ」

誤ると死ぬほどスピード出てるのだ
原付バイク多いし、幅員が狭いのも怖い、ドライブレコーダーみんな着けてるのも怖い?


そんなこんなでややクラクラ

つづく